サーファーのための自然療法 Vol.1_「副鼻腔炎の予防と対処」

beauty   |   featured-issue


ビッグウェーブに恵まれた台風ウィーク。毎日波があるのはこの上ない幸せだけれど、大きな波にぐるぐる揉まれ、パワーのある波をドルフィンし、思いっきり水中にダイブする日々が続くと、鼻がつまったり、頬骨のあたりが痛くなったり…そう、副鼻腔炎になりやすい方も多いのでは? 
今回は抗生物質などの薬を飲まずに、自然な方法で副鼻腔炎を予防・快癒させる方法をシェアします。

 

①サーフィンを終えたら、副鼻腔に入っている水をしっかり出し切る。

海から上がったら、頭を下にして前屈。しばらくその体勢をキープした後に、ゆっくりと首から頭を持ち上げるようにしながら体を起こします。これを何回か繰り返して、副鼻腔(鼻の横、頬骨の奥のくぼみ)に入っている水をしっかり出し切りましょう。サーフィン後、何時間も経ってから鼻から水が出てきた場合は、まだ水が残っているということなので、もう一度前屈を繰り返します。副鼻腔にとって水=異物なので、水が長時間留まっていると炎症や過剰免疫反応のきっかけになるからです。


②乳製品をや
める、控える。
乳製品に含まれる「カゼイン」という成分には、高いアレルゲンに加え、体内の粘液を増やす働きがあります。そのため、鼻炎や花粉症(=鼻水)、副鼻腔炎/別名:蓄膿症、中耳炎(=膿)、気管支炎(=痰)になりやすい人は、日頃から乳製品を極力摂らないようにすると体質改善され、予防につながり
ます。また急性のウイルス風邪や副鼻腔炎にかかった場合も、治るまでの間、ここでは徹底的に乳製品を除去すると鼻水や痰を無駄に増やすことがないので体が早く楽になります。ぜひ普段から牛乳→豆乳、オーツミルク、ライスミルクなどの植物性ミルク、ヨーグルト→大豆やココナッツのヨーグルトに置き換えてみてください。


③副鼻腔炎に対応するホメオパシーのレメディを摂る。
鼻づまりや頬の痛さに気づいたら、すぐに副鼻腔炎に対応するホメオパシーのレメディやタブレットを摂取します。ホメオパシーとは自然界の植物、鉱物などがそれぞれに持つ特定のエネルギーを小さな丸い砂糖玉に転写・希釈したレメディを用いて、人間の
自然治癒力に働きかけるドイツ発祥の代替医療です。ヨーロッパでは、日本や中国でいう漢方のような位置付けで広く取り入れられています。

 

 

私も先週、2日続けて胸肩~頭サイズの台風スウェルでサーフィンして、刺さったり、巻かれたりしたら、3日目の朝起きると片側の鼻がつまり、つまっているのに透明の鼻水がツーツー出てきて、頬骨のあたりも押すとちょっと痛い。きっとたくさんの海水が一気に副鼻腔に入って刺激になってしまったのと、しっかり水抜きはしたつもりだったけれど、多少の水が副鼻腔内に残っていて粘膜が軽度の炎症を起こしたのでしょう。海水の雑菌に反応したのかもしれません。


そこですぐに常備している副鼻腔炎用のホメオパシータブレットを2粒、経口投入。3時間後には鼻は詰まっているけれど鼻水は出なくなり、このタイミングでさらに2粒摂ると、しばらくして気づいたときには頬骨の痛みも無くなっていました。そして就寝前にもう2粒飲んでから寝ると、翌朝には鼻づまりも解消。なりかけの副鼻腔炎はその後もひどくなることはなく、たった1日で快癒しました。

 


こちらが私が何年もリピートしている副鼻腔炎対応のタブレット、BHI「SINUS Relief Tablets」。ホメオパシーは、特定の症状にピンポイントで効くレメディをチョイスするのがなかなか難しいときもあるのですが、これは鼻の症状用だけでも50種類以上あるとされるホメオパシーレメディの中から、ケーライビック、チュバキュライナム、プルサティーラなど7種類のレメディがバランスよくブレンドされているため、軽度~中度まで、また鼻水が透明~黄色になるまでの幅広い症状の副鼻腔炎に対応します。子どもは4歳から服用OKです。iHerbで購入できます。iHerb紹介割引コード<WZH820>。

 

以前は副鼻腔炎になるたびに病院に行き、処方されたムコダインと抗生物質を数日間飲み続け、サーフトリップにも欠かさずこれらを持参するほどでしたが、自然療法、植物療法、ホメオパシー、ベジライフを生活に取り入れるようになってからは、副鼻腔炎に悩まされることがほぼ皆無に。ちなみにサーフィン歴30年=副鼻腔炎歴だった夫も同じく、乳製品除去とホメオパシーで医者知らず、副鼻腔炎知らず、喘息さえも出なくなりました。

 

あくまで個人の実体験からの情報シェアとなりますが、10年前の妊娠を機に薬をやめ(妊娠中、風邪を引いて薬を飲まなくても体を温めてゆっくり寝てれば"4日"で治ると経験したため)、化学調味料と添加物をやめ、子どもにもなるべく薬を飲ませないようハーブ、精油による植物療法に取り組み、ホメオパシーやハーブタブレットも様々試して、身をもって「効く」と確信した超自然な副鼻腔炎の対処法です。

 

ホメオパシーや乳製品に対する解釈、またその効能にも個人差があると思いますが、化学化合薬を体に入れたくない方、自己免疫力を上げたい方、自然のエネルギーや自然治癒力で副鼻腔炎を克服していきたい方はぜひ。台風シーズンのセルフケア、セルフラブにお役立ていただけたら嬉しいです。


Texy by Aki_Wavey